2017-05

COFFEE class”ストレート飲み比べ”編

火曜日はWORKSHOP
『ON the TABLE』COFFEE classの
”ストレート飲み比べ”編でした。



5種の産地の豆を淹れ比べ、飲み比べ。

コロンビア、タンザニア、エチオピア、
マンデリン、パナマでご用意。



豆の特徴を感じてみて、
言葉にしてみたり、イメージを共有したら、
好きな組み合わせのブレンドを作って、
また淹れて実際に飲んで、ネーミングを考えてみて。


ブレンドしてみたけど
割合でせっかくの個性が消えちゃうのもあって、やり直してみたり。

味覚もイメージも感覚を働かせて、
素敵なオリジナルブレンドをお持ち帰りしてもらいました。

例えば、
マンデリンフレンチとタンザニアの
ブレンドは『TAKIBI Blend』。
スモーキーなマンデリンとタンザニアの香ばしさ、わかるなあ。

コロンビア、タンザニアのブレンドは
秋の実をイメージ、
『Autumn Blend』。
柔らかな明るい酸のコロンビアと
タンザニアの香ばしさがバランス抜群。
空気が乾いて気持ちのいい朝に
飲みたいブレンドでした。


ブレンドってほんと個性や思いがわかるから、
好きなお店のオリジナルブレンドなど、
店主さんとお話してみると
面白いんですよね。



来月は11月17日火曜日、
”飲み比べロースト違いと温度”編。

ご参加おまちしていますね。




これから明日の仕込み。

明日16日金曜日は
船橋日大前”hug-salon”さんでの
出張COFFEE屋です。

11:00-15:00 、四街道のオシャレ農家キレドさんのピタサンド販売の横でコーヒーを淹れています。

おやつもお楽しみにー!



hug-salon HP

http://www.hug-salon.com/home.html

〒274-0060 千葉県船橋市坪井東1丁目2−20


スポンサーサイト

COFFEEの会 ー器具編ー

2月のWORKSHOP 『COFFEEの会-器具編-』後記。

今回はCOFFEEの会ももう何度も参加してくださってるお客様と、
のんびりCOFFEE実験なじかんでした。



基本のマイルドブレンドを使用して

・コーノ式ぺーパードリップ 20g150ml   〈中細挽きダイヤル4.5〉
・プレス式         18g 240ml   〈中挽きダイヤル5.5〉

・カリタ式ぺーパードリップ 20g150ml   〈中細挽きダイヤル4.5〉
・プレス式         16g 240ml   〈中挽きダイヤル5.5〉

・ドーナツドリッパーでぺーパードリップ 
              25g240ml   〈中細挽きダイヤル4.5〉

・プレス式         18g 240ml   〈中挽きダイヤル6〉
・プレス式         20g 240ml   〈中挽きダイヤル6〉





やっぱりペーパードリップが一番好きだなーなんて再確認して

プレス式ではとにかく淹れ方によっておいしさ、香り、味のクリア感が全然違う。
熱湯で、最初の30秒でお湯を注ぎきる。
きれいな酸味を味わいたいときにはいいかも。

ドーナツドリッパーは同じペーパーでもまろやか、しっかりだけどやさしい味。

それぞれの良さもわかったしおやつをたべながらのおしゃべりタイム。



スイーツプレート、
ソイミートトマトソースのショートパスタも食べて満腹。
食べ過ぎ(笑)

ありがとうございました。



3月19日(水)はgallery林檎の木にて
WORKSHOP『ON the TABLE』coffee classです。

テーマは好きなCOFFEEをみつけよう編。

ローストの違うブレンド2種と産地違いの3種のストレートの豆を
コーノ式ペーパードリップで飲み比べ。

スイーツ3,4種とサンドイッチ付きで4000yen。
時間は10:30-13:00予定です。

今のところ予約5名さま。
予約はこちらから。
http://www.thymons.jp/lesson/




今月の珈琲

昨日からの企画展。
大活躍しそうなまのさんの服や
古館さんの秋色のストール。



革のOhamaさんは、
ながーく使えそうな小さなバックや、
お財布ポーチなどなど。



是非のぞきに来てくださいねー。

今月の珈琲は
ニュークロップのケニア キアマバラ フレンチロースト。
しっかりとしたコクやかすかな完熟トマトのニュアンス。

定番マイルドブレンドは香ばしいシティロースト。

木の実のブレンドはコクや甘み、
苦味のバランスがいいフレンチロースト。

イチジクパウンドが合いそう。




今日はまだランチもありますよ。


本日のMENU

今日はストレートは「ブラジル コヘーゴセコ シティロースト」です。

なんだろうこのどっしりした安定感。
コクがあって甘みもあって、
誰もが好きなこれぞ珈琲という感じ。




今日からスコーンは
クランベリーチョコスコーン。



ランチはとり肉とひよこ豆、野菜のスパイス煮。




明日あさっては仕込みの為お休みです。

8日(月)からは、gallery林檎の木で出張COFFEEしてまーす。


『お茶の時間』展  

2012.10.6(土)-10.10(水)
11:00 -19:30(最終日17:00まで)



CIMG3565.jpg



 ・鴨工房(陶)
 ・寺村光輔(陶)
 ・天野千香(陶)
 ・水野谷八重(漆)
 ・古橋治人(木工)
 ・佐々倉文(金属)
 『いろは』(和菓子)

かんぶつ食堂
tipi COFFEE&SWEETS

本日のストレート

今日からストレートコーヒーは「エチオピア イルガチェフェ G1 ナチュラル シティロースト」です。



エチオピアの華やかさやコクはもちろんですが
ベリ一系の酸や甘味もナチュラルならでは。
コーヒーが果実の種だということが本当によくわかる味です。

お客さまとなんだかブルーベリーっぽいねと
お話ししてたんですが 、
ジューシーで後味の余韻も長くて本当に美味しいコーヒーです。



実はここ2週間でエチオピア イルガチェフェは3種るいめ。

第一弾は「Tekelu Dembel シティロースト」。


第二弾は同じ「テケル デンベル フレンチロースト」。

しっかりしたコク、
華やかでフローラルな香りでウォッシュトという製法
(こちらは果肉を水で洗い落としてから天日干しにする) のエチオピアでした。

フレンチローストは先月のcoffeeの会で
アイスコーヒーにして飲んだのですが
とても美味しくて驚きました。



今日からの第三弾は
ナチュラルウォッシュトという
果肉がついたまま天日干しにする製法でとてもフルーティ。
豆を挽く前からもう香りがすごい!



私がコーヒ一の酸味にはまったきっかけになったのがこのエチオピアのナチュラル。

それまでの酸味が苦手という概念を取っ払ってくれた非常に思いいれの強いコーヒーです。

毎年新豆のエチオピアが入ると必ず飲んでいますがナチュラルが入荷するのは4年ぶりとのこと。

こんなにすばらしく個性的で貴重な豆はあまり飲むことができないと思います。

酸味の苦手な方にも是非!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

webstagram

カテゴリ

未分類 (16)
information (204)
schedule (42)
event (92)
diary (164)
coffee (13)
sweets (6)
food&recipe (5)

最新記事

プロフィール

tipisweets

Author:tipisweets
はじめまして。
tipi COFFEE&SWEETSです。


今は自分のお店はありませんが
ご縁のあるところへ出張COFFEE屋さんしています。


tipiとは小鳥。
ちいさな幸せをはこぶ、名前もない小鳥。


ちいさいころ、
母がつくってくれた素朴なおやつ。
飾らない、 どんな時もやさしい味。

そんな、ふと食べたくなるような
シンプルな味を目指して

ドライフルーツや木の実を使った
やさしい甘さの焼菓子を作っています。

そんなsweetsとともに
美味しいcoffeeがあれば...


珈琲はSpeciality Coffeeを
コーノ式ペーパードリップで。
1杯ずつ丁寧に淹れています。


毎月千葉の京成大久保という駅にあります
gallery林檎の木さんで
企画展の際に喫茶のお手伝いをしています。


イベント等のお知らせはinformationにて。

FACE BOOK PAGE
https://www.facebook.com/tipi.coffee


           tipi
           COFFEE
           &SWEETS

           oomura megumi

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

検索フォーム

FC2ブックマーク